プロフィール

Jazz Pianist Mitsuhiro Itagaki

板垣光弘(Piano,Keyboad)

 1971年11月23日、東京都中野区出身。4歳からクラッシックピアノをはじめる。ヤマハ音楽振興会ジュニア専門コース、桐朋学園大学附属子供のための音楽教室にて音楽の基礎を学ぶ。中学高校時代(東京都中野区立第九中、東京都立西高)は吹奏楽部でトランペットに熱中。92年中央大学法学部法律学科に入学、中央大学Swing Crystal Orchestraならびにモダンジャズ研究会に参加。Jazzと出会う。大学4年の時に再びピアノに転向。卒業後2年間サラリーマン生活を経験するが、Jazzへの情熱を断ち切れず、'98年1月退社。97年1月より辛島文雄氏に師事し本格的にJazz Pianoの勉強を始める。その後多くのコンテストに出場。
 '99年より宮崎勝央(as)カルテット、2000年より本田珠也(ds)クインテット、金井英人(b)ユニットにレギュラーメンバーとして参加。本格的にプロ活動を開始する。
以後、坂田稔(ds)、早川隆章(tb)、堀恵二(as)、佐藤春樹(tb)、河上修(b)、村上寛(ds)、鈴木勲(b)OMA SOUND、角田健一(tb)ビッグバンドなどのグループに参加のほか多くのセッション、サポート、レコーディングにも参加する。
 浜離宮朝日ホールにて毎年行われた女優宮本信子のJazz Liveのバンドリーダー並びにアレンジャーを2003年から8年間担当。
 自己のPiano Trio「板垣光弘JUNCTION」ではこれまでに2枚のアルバムを発表(06年「JUNCTIONT」、10年「JUNCTIONU」)。2006年8月には、音楽評論家瀬川昌久氏の推薦により、毎年日比谷公会堂にて行われている伝統ある「第38回サマージャズフェスティバル」出演。好評を得る。エリックマリエンサル(as)ボビーシュー(tp)など海外ミュージシャンとの共演の機会も得ている。2012年7月には成川修士(g)氏とのDUOアルバム「Bird & Wind」を発表。現在も東京新宿ピットインなどに定期的に出演。精力的に活動中。


HOME